Author: chen

Thunkable (12) Final Project

最終課題要件 1-4人のクループで、自分のデザインのアプリを作成する。 この課題の得点は、Mobile Computing コース成績の50%に相当する。 どんな種類のアプリでも自由にデザインすることができる。 アプリの洗練さや複雑さの面においでは、些細なではない(non-trivial )アプリである。 例えば、アプリケーションの重要な拡張が大丈夫ではあるが、コースでやったアプリのうちの1つのマイナーな調整ではない。 最小技術要件 アプリは特定の最小技術要件を満たしている必要があります。 データ抽象化 。 アプリには少なくとも2つの変数が必要、 どちらかのリストまたはデータベースを使用する必要   。 手続き抽象化 。 アプリには少なくとも2つのプログラマー定義のプロシージャまたは関数を含める必要。 アルゴリズムと制御。 少なくとも1つのif / else構造体または1つのループを含める必要 。 評価基準 課題を評価するために、次の基準が使用されます。 各基準は、0点(評価不能)から5点(良好)までの合計5点で合計20点の価値があります。 目的 :アプリの目的が明確に記述されており、アプリ自体が目的を明確に果たしています。 技術的要件 :アプリケーションは上記の最低限の技術要件を満たしています。 機能的性能 。 アプリはダウンロードされ、テストされ、大きなパフォーマンス上の問題やバグがなければ期待どおりに機能しました。 スコープ :このアプリは重要なクリエイティブな成果を表しており、コースで行ったアプリのうちの1つの小さな変化や拡張ではありません。
Read More

Thunkable (10) Firebase Sign Up Login

Thunkable Xサインインコンポーネントを利用するについて詳しく説明します。 サインイン機能を組み込むために必要な設計コンポーネントについて説明します。 メール認証用のFirebaseアカウントの作成と構成について説明します。 次に、ブロックを調べて、アカウントの作成(またはサインアップ)、ログイン(またはサインイン)、ログアウト(またはサインアウト)を行います。 独自のFirebaseアカウントを作成し、アカウント設定で独自のAPIキーとデータベースURLを追加する必要があります。 Firebaseアカウント 「Firebase」は、2011年にシリコンバレー発のスタートアップ・Firebase社がサービスを開始したMobile Backend as a Service(MBaas)です。その後、2014年にGoogleが買収し、Googleの持つクラウドプラットフォームに統合されました。 MBaasはBaaS(Backend as a Service)とも呼ばれており、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのバックエンドで行う機能を提供するクラウドサービスです。「Firebase」はアプリ開発者向けのサービスで、バックエンドの処理を代行することで開発にかかる時間・手間の省略が可能で、コスト節約にもつながります。 Create your free Firebase project and account 無料 Firebase アカウント作成 1)使ってみるをクリック 2)プロジェクト追加をクリック
Read More

Thunkable (9) Sign In component

ユーザ登録とユーザログイン画面を作る Local Storage: アプリを終了させても残るデ-タを持つことができる部品。デ-タはキ-とバリュ-の対で記憶される. 今回のアプリは、キーemailとpasswordで、ユーザのログイン情報をローカルに保存する。 画面デザイン 4つ画面で構成する 初期画面 ユーザ登録画面 ログイン画面 写真共有画面 初期画面デザイン ユーザ登録画面デザイン ログイン画面デザイン ブロック 4つ画面でそれぞれブロックがある 初期画面ブロック ユーザ登録画面ブロック ログイン画面ブロック 写真共有画面ブロック 初期画面ブロック ユーザ登録画面ブロック ログイン画面ブロック 参考ビデオ
Read More

Thunkable (8) DIT UENO Campus Tour

作ったSWIPING SCREENSアプリにGoogle Map表示機能を追加する。 SWIPING SCREENSで、順次DIT UENOの一号館、2号館、3号館の写真とGoogle Mapを表示する。 一号館 一号館のGPS座標は、Google Mapで検索してください。 Mapの拡張設定に、ShowsUserLocationを「On」にして、自分の位置を地図に表示する。 二号館 三号館
Read More